読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ツナグ』辻村深月 気持ちって見えなくてもそこに在るんだよ

本当の辻は点が二つある旧字体ですね。
映画にもなったので俳優さんのファンの方なども知っているでしょうね。
まぁ亡くなってしまった人と、一度だけ会うことが出来る(ようにしてあげられる)力を持った人とその人に関わることで区切りをつけていく人たちのお話しの連作長編です。
若い主人公が短い期間で経験を積んでいく様が良く描けている。
色々な人たちの亡くなった人への思いも、また、亡くなった人の生きてる人への思いも少しづつ切ない。
どちらかというと亡くなった人の思いって書かれること無いけど、辻村さんの作品にはあるよね。そんな辻村さんの本はとても好きです。「ツナグ」今まで読んだ中では真ん中くらいに好きかな?
ツナグ (新潮文庫)