読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『九月の恋と出会うまで』松尾由美 うつむいて歩く男が無愛想な理由が機嫌が悪いからだとは限らない

本屋さんに平積みになっていて、『書店員が選んだもう一度読みたい恋愛文庫第1位』っていう帯に興味を持ってみました。 もう一度読みたいってことがメインなのか、恋愛小説ってことがメインなのか…とか難しいことを考えたわけじゃないんだけど、兎に角そん…

『MEMORY』本多孝好 男女の友情は存在する。いいや、やっぱり愛情なんじゃないかな。

「MOMENT」を再読して、「WILL」「MEMORY」とシリーズを一気読みしてしまいました。 3冊読んでの感想は「こんなバランスが丁度良いのかもしれないな」でした。 もうちょっと仕事人を読みたかったし、7年後の神田の事も知りたかった。でも、これでも十分だ…

『WILL』本多孝好 読み終わった

すぐに本屋に行って本多孝好を買ってきました。 『MOMENT』から7年後の森野が主役の連作短編です。 4ページしかないプロローグで泣いてしまいました。 森野の両親への想いを「森野葬儀店」に来る人たちの想いと共に少しずつ読み解いていく感じかな。 当然文…

『ストーリーセラー』 有川浩 あなただけを守ってくれる王子様を見つけるのは難しいことじゃないんだよ。それが本当の幸せだと信じ続けられれば。

昨年中に読み終わってますが書かず仕舞いでした。 AとBの二つの短編の連作と言うかカップリングのような小説。虚構と現実の境界線が分からなくなるような仕掛けでBにつなげていく仕掛けになってますが、はっきり言って蛇足でしょう。2010年のブック・オブ・…

『桜葉の季節に君を想うということ』歌野晶午 とは

歌野晶午の『桜葉の季節に君を想うということ』の紹介 2004年のミステリーの賞を取りつくした感じのこの本は題名からして目を引くが、読み返しのきかない叙述トリックの為か賛否両論だった。 取った賞は第57回日本推理作家協会賞受賞 第4回本格ミステリ…