読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の好きな本を薦めるということ 続き

お薦め本を人に貸すのはいろんな意味でリスクがありますね。今回のように、あまり共感してもらえなかった(かな)という時。 ちょっと残念。 有名どころなので、『ダメなものを紹介してしまった』という思いはないですけど。もう一つは返してもらえない時。 …

『夢の上』 多崎礼 生まれ落ちた時にその運命は決まるのか。それでいいのか。

文庫本にならない理由がわかった。とにかく『煌夜祭』が面白かった。こんなにいい作品を書く人ってどんな人?って思って多崎礼の次の文庫化を待ってたけど、待ちきれなくて新書?で読んだ…煌夜祭のように設定があるのも良いでしょう。設定からの推測も面白い…